2020年2月7日金曜日

一太郎2020

一太郎
ジャストシステムの一太郎
 初代から数えて31代目だそうだ。
keiは Ver.3 から使い始め、ついつい毎年買ってしまっている。
Ver.3はPC9801で動いていたもので、2台のフロッピーディスクを使って、ガチャガチャ動いていたのを思い出す。
Ver.4.3は10数枚のフロッピーディスクがあり、これを機会にハードディスクを買った。たしか、125MBのハードディスクが10万円位して、決死の覚悟で買った覚えがある。
あれから30数年 買い続けている。
 世の流れはWORDなんだけど、一太郎にも良いところがある。決まった書式の中に日本語を入れていく作業は一太郎が使いやすい。また、日本語入力に関しては、一太郎付属のATOKが断然優秀だ。windows付属のIMEはとてもかなわないと思う。
 ただ、一太郎は世界的にはマイナーな存在で、外部とやりとりする場合には非常に面倒だ。だから、外部へ出す可能性のある文書はWORDを使う・・でも日本語入力はATOK
 かつて 官公庁では一太郎が大勢を占めていたけど、コストの問題やファイルの互換性の問題から、最近ではWORDに取って代わられているようだ。
 マイクロソフトのWINDOWSとWORDの抱き合わせ商法に負けた。一太郎マニアとしては寂しい限りだ。和製OS「超漢字」がアメリカの思惑で葬られたのに重なるな。
 毎年 今年で終わりにしよう って思うけど、年末になると注文してしまっている。
  ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿