2021年5月27日木曜日

日本の食文化:梅干しが消える?

 

NHKの番組で、おにぎりの具に変化が起きていると言っていた。梅は 酸っぱい のが嫌われて若者に避けられているようだ。街のインタビューでは「酸っぱさ」が一番のネックのようだった。
 これを見て 「あぁ~~ この娘は美味い梅干し食ったことないんだろうな」って思った。大量生産で、梅を漬けただけのものを梅干しだって思っている人が大勢いる。梅本来の味を抜いたものを調味液につけ込んだものが梅干しとして売られている。
今年も そろそろ梅を漬ける時期になる。
 まず、梅は完熟して黄色くなったものがベストだ
 あく抜き、ヘタとり、塩もみ など 手間がかかる
  塩漬けにして塩梅を見て赤じそをいれる。
 漬けた梅をザルにあげてひたすらひっくり返し続ける
これで 見違えるような梅干しが出来上がる。梅酢に戻せば酸味が増す。干すという作業が梅を一段美味しくするのだ。梅を漬けただけのものや化学調味料につけ直したもを梅干しだって信じていたら悲しいね
    今年は 南高梅が高いなぁ  不作かな

0 件のコメント:

コメントを投稿