2021年4月19日月曜日

魚心あれば水心


3年前、隣の家の樹木が越境していて、なかなか切ってくれずに嫌な思いをしたことがある。
    隣の植木
盛大なモッコウバラが我が家の敷地に覆い被さり、季節になると大量の花びらや葉っぱを散らして迷惑をしていたのだけど、お願いをしても切ってくれず、業を煮やしてフェンスを作ることにしたのだけど、直に頭を下げに行っても、業者がお願いに行っても切ってくれず、手伝おうと思って声をかけると「勝手に切ることはできませんよね!!」と言い切られ、それ以外にも高飛車な嫌みを言われた。
 樹木を植えて、それを愛でることは良いことだと思うし、地球環境にも優しい素晴らしいことだと思うけど、できればご自宅の範囲内で完結して欲しいな。隣近所のことで、1ミリもはみ出すなとは言わないけれど、それは平素の心がけ次第だと思っている。魚心あれば水心さ
 根に持つわけじゃないけど、あれだけ言ったのならしっかり植木の管理をするのかと思ったら、またぞろガレージの裏側に樹木が越境してきている。3年前の時に、隣のフェンスが樹木で変形していたのを見ていたので、今度はこちらのフェンスに影響が出そうで怖いのだ。

 先日、お隣は屋根の工事を始めたのだけど、気がついてみると足場の鉄パイプが越境して組み上がっていた。数十センチ程度で、我が家の生活に影響はないけど、これまでの経緯を考えると釈然としない。工事前には、業者から日程の連絡があったけど、業者もお隣からも「越境して足場を組む」なんて話は聞いていない。そして、工事の時の画像を確認すると、業者さんは我が家のアルミフェンスの上に足をのせて足場板を組んでいた。また、足場から下げるネットは我が家のガレージの屋根に乗せて作業している。どれも、たいしたことではないかもしれないけど、これまでの経緯を考えるとヘソが曲がっちゃうな。
 業者さんには電話で「組み上がった足場は仕方が無いけど、やり方が失礼だ」と抗議をしたところ、その日のうちに足場を組み直した。まぁ そこまでやってくれなくても って思うけど、その反面、「できるなら最初からやっておけよ」って思ったよ。
 それでも お隣さんからは 一言の挨拶もない。こんなことでトラブルはごめんだけど、それも相手の出方次第なのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿