2021年5月11日火曜日

アウターのリペア:シームテープ

 

前回 NIKWAX で洗濯、コーティングしたカッパ
縫い目の裏側のシームテープが剥がれてしまっていた。このままだと、長時間の雨の中で水
が染みてくる恐れがある。
 そこで、裏側にシームテープで防水処理をした。低温のアイロンで融着するのだけど、温度が高すぎると生地を傷めてしまう。難しいので嫁さんにアイロンをお願いした。
シームテープには伸縮性がないので、フードのように立体的な曲線については、溶着が非常
に難しそうだ。また、生地の材質により温度の調整も必要になる。
調べてみると、液体のシール剤もあるようだ。液体の方が使いやすいかもしれない。
でも、少し染みても良ければ、シームテープは必要ないけどね。
 これで 古いヨレヨレのカッパが生き返った。

0 件のコメント:

コメントを投稿